日記

鍋で米を炊くこと

サイトを開設してからブログらしいブログを書いていなかったので、久しぶりに書こうと思います。といってもなかなか日常ネタも無いので、マイブームネタを書きます。

米を鍋で炊く

突然のイラスト失礼します。漫画『AKIRA』金田のパロです。
最近のマイブームはズバリこれです。「ご飯(米)」を炊飯器使わず鍋とコンロの火で炊くことです。

よく「米は鍋で炊いた方が美味しい、まぁちょっと面倒くさいんだけどね」って話をよく聞いていました。確かに、鍋で炊くとか何かレベル高くて難しそうだし、半信半疑で炊飯器とたいして味なんて変わらないやろと思っていました。

まぁあるきっかけで、鍋で炊いてみよう!と思って初めてやってみたんですが、いやもうこれが、ビックリすることに段違いに味が違うんです。

食べた感想

食べた感想ですが、まず一口目が違います。米に味があるんです。今までご飯はおかずがあってこそ、という感覚でしかなかったですし、おかずがないとご飯は食べられないのが当たり前だったんですが、米だけでおかずになる、米だけ食べても苦痛じゃない。これはビックリしました。あと、米がキラキラして見えます。

私は普段小食であまり食べないんですが、米が美味しすぎてご飯をおかわりしました。それくらい美味しい。味の表現が難しいんですが、米の柔らかい甘さが漂ってくる感じです。これぞ日本食!という感じでした。

鍋で米の炊き方

覚え書きも兼ねて炊き方を書きます。

①炊く量の米を研いで、浸水させておく
私はいつも2合しか炊かないんですが、研いだ後、1時間ほど水につけておきます。(夏は30分でいいとか)つけておくと米が透明から白に変わってきます。

②米をざるにあげて水を切り、鍋に入れて所定の量の水を入れる
鍋に入れるときに米を平らにし、水を入れます。2合だと450ml(3合は650mlらしい)。

③フタをして中火にかけて沸騰したらそのまま2分炊く
このとき吹きこぼれしそうになります。その時は一時的に弱火にしたりして何とか2分乗り越えますww席を外さず見張っといた方が安全ですね。

④その後火を少し弱めて(弱火の強め)で3分炊く
③と同様吹きこぼれそうですが頑張って乗り切ります。

⑤続けて完全に弱火に落として5〜7分炊く
この段階になると安定してくるのでじっくり時間が来るまで待ちます。

⑥火を止めてそのまま10分間蒸らす
表面に水が無くなっていることを確認して(あればもう少し炊く)、火を止めて待ちます。

これで完成です!

作った感想

まず思ったのが、思ったより簡単ということです。最初はマニュアル見て間違いないか常に見張っていましたが、慣れてくるとキッチンタイマーして別の料理を作りながらでもできるようになりました。イメージは「鍋で炊いたら絶対芯残るわ」と思っていましたが、過去10回ほど作って芯が残ったことはありません。
これでめちゃくちゃ美味しい米が食べれるのなら、多少の手間も惜しくないと思えるようになりました。

難点は、どうしても途中で吹きこぼれをしてしまうということです。私が使用しているのが普通の鍋なので、専用のやつとか吹きこぼれ防止アイテムとか使用するとうまくいくかもしれないですね。

私は初めて鍋で米を炊いて以来、美味しい米の味が忘れられず、以後毎回ご飯のたびに鍋で炊いています。最初はハードル高そう…と思っていましたが、やってみたらすごく簡単ですし、価値があるのでおすすめです!